スキーバスではゆったりした座席を

スキーバスを選ぶ際は、できればワイドシートの3列シートバスが望ましいでしょう。

座席が横に3列しかなくて、両脇が無人となる座席配置であるため、ゆったりと過ごせます。

夜間運行である場合はなおさらです。
車中泊となるため、窮屈な状態では十分な休息がとれません。

眠れないにしても、ストレスがなるべく少ない状態であるべきです。

スキーバスについて詳しく知りたいならこちらです。

疲れ方がまったく違います。

3列シートバスは料金が高めではありますが、そうした料金差を補って余りあるものがあります。

翌朝からスキーをフルに楽しむ体力を保っておくためです。
夜間運行のスキーバスを利用するときは、3列シートバスを探して選びましょう。


初めてのルートである場合は、途中休憩で立ち寄るパーキングエリアで迷子にならないように注意する必要もあります。

バスを降りてパーキングエリアの施設を利用する際は、そこへ向かう途中の目印などを携帯で撮影するなりしておいたほうが無難です。


夜間で暗いですし、起きたばかりで寝ぼけていることもあるため、バスに戻れなくなることもあり得ます。



パーキングエリアは広大で、同じようなバスが数え切れないほど停まっていたりします。

自分で車の運転をしない人や、方向音痴だと指摘されたことのある人は特に要注意です。

往路と復路では、周りの景色の見え方がまったく違いますので、地図もなしに見知らぬ場所を歩いているような状態となります。回りに尋ねるにしても、個々のスキーバスの停車位置を把握している人がいるような状況ではありません。

気をつけましょう。

All Aboutの情報をお知らせいたします。