スキーバスの利用料金

スキーバスは、その安全性に不安を持たれることもあるようです。

低価格化が進み、熾烈な競争も行われているのでしょうが、ほとんどの利用者は、価格より安全性を重視しているものです。

現在よりスキーバス料金が上がっても、需要が減ることはないと予想されます。

他に代替手段がないからです。
自家用車にも新幹線にも、利用者が流れて行くことはないでしょう。


スキーバスを利用する理由は、価格よりも利便性です。

たとえ新幹線を利用した場合と同じような価格になったとしても、需要は続くでしょう。



スキーに行くには通常、重装備で出かけます。

マイナビニュースの情報が満載です。

スキー板とスキー靴はかさばりますし、かなりの重さになります。

スキーバスなら、それらをバスに積み込めば、あとはスキー場に着くまで自分で運ぶ必要はありません。

スキーバス情報をピックアップしたサイトです。

これに慣れた利用者にとって、新幹線を利用してスキーに出かけるということは、思いもつかないことになっている場合もあります。

普通の乗客に混じって、混雑する車内にスキー板とスキー靴を担いで乗り込むというのは、相当難儀なことです。
しかも、在来線との乗り継ぎが必要な場合は、何度も乗り降りを繰り返すことになります。

駅からまた、他の車に乗り替える必要もあります。

ベビーカーでさえ疎まれることもあるこうした場で、重装備のまま動き回るには相当な勇気と体力がいります。


スキーには、スキーバスで行くしかないと考える人は少なくありません。
料金を高くしても顧客は離れませんから、安全性重視となることが望まれます。