スキーバスでゆったり過ごす重要性

スキーバスは価格競争が激化していますが、価格よりも重視すべきことがあります。

それは座席です。

できれば3列シートを選びたいものです。

車中泊せず、朝発日帰りスキーバスの場合であってもそうです。

バスは鉄道と違い、揺れが大きく衝撃も強いため、ただでさえ乗車中に疲労するものです。


それに座席の窮屈さが加われば、相当体力を消耗します。スキーバスはドアツードア感覚で使え、スキー板やスキー靴を抱えて移動する距離が短くて済むというメリットがあります。

鉄道利用だったら、スキー板やスキー靴を持って、乗り換えや改札通過などを幾度もこなさなければならず、それだけで体力をかなり使います。

せっかくそうせずに済むスキーバスを利用しているわけですので、メリットを最大限生かしたいものです。

たとえ気心の知れた仲間同士であったとしても、席がつながった状態で長時間過ごすのは、身体的に疲れるものです。バスの車中とはいえ、なるべく伸び伸び体を伸ばせる余裕があることが望まれます。

スキーバスに関する予備知識の情報が満載です。

スキー場で心ゆくまで元気いっぱいに滑りを楽しむためには、それ以前の段階で体力を温存しておく必要があります。3列シートバスでゆったり過ごすことは非常に大事です。

人には聞けない珍しいYOMIURI ONLINEってとにかくお勧めなんです。

価格が高めであっても3列シートバスの需要がますます高まっていくなら、バス会社は3列シートバスの保有比率を高めることでしょう。



その方が採算が合うからです。

3列シートバスが大量生産されるようになれば、価格もいくらかは下がってくるでしょう。